吉岡さんの弁護士日記

なにわ総合法律事務所の弁護士 吉岡 康博がつづる弁護士日記

民泊禁止の管理規約改正はお急ぎ下さい

民泊新法(住宅宿泊事業法)がいよいよ今年(平成30年)の6月15日に施行されます。
これに先立ち,住宅宿泊事業を営もうとする者の届出の受付が3月15日から先行して開始されます。

民泊新法は,近年の外国人観光客増加等に対応して空き家等を活用するために,民泊を合法化するものですが,分譲マンション内での民泊は住民とのトラブルを招く恐れがあり,騒音,衛生,防犯上の問題点なども指摘されています。

分譲マンションを利用した民泊を経営したい場合は,住宅宿泊事業者の届出をすることになりますが,届出に際して管理規約の写しの提出が求められています。
民泊を管理規約で禁止しているマンションについては,届出が受理されない仕組みになっています。

これを逆から見ると,一旦住宅宿泊事業者の届出をした後に管理規約が改正されて民泊が禁止となっても,当然に届出が無効になるわけではありません。

したがって,分譲マンションにおいて民泊を禁止すべきという意見が多い場合は,3月14日までに管理規約の改正手続を行い,民泊を禁止しておく必要があります。
あと1か月程度しかありませんので,まだ対策されていない管理組合はお急ぎ下さい。

投稿者 吉岡康博 | 2018年2月16日 13:11 | コメント(0) | トラックバック(0)

ジャパンライフ問題 その3

大阪でもジャパンライフ被害に関する説明会が開催されることになりました。

場所:大阪弁護士会館
日時:平成30年2月14日(水)午後3時~5時

当日は,大阪弁護士会と大阪弁護団の両方が説明会を行う予定をしています。

予約は不要です。
ジャパンライフと取引をしてお金が返ってこないとお悩みの方は,どうかご参加下さい。

大阪弁護士会のウェブサイトです。
    ↓↓↓
http://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_0214_2.php

投稿者 吉岡康博 | 2018年2月13日 17:22 | コメント(0) | トラックバック(0)

平成30年2月度大阪証券問題研究会

毎月1回程度,有志の弁護士が集まって証券問題について議論する大阪証券問題研究会,今年第1回目の勉強会がありました。

IMG_20180208_182859.jpg

今回は,司法研修所が発行した「デリバティブ(金融派生商品)の仕組み及び関係訴訟の諸問題」という報告書について,執筆した元裁判官(現弁護士)をゲストに迎えてディスカッションを行いました。

IMG_20180208_182840.jpg

いつもの通りコーディネーターは三木俊博先生。
ゲストの北岡先生のお話は,この報告書の意図がよく分かりとても興味深いものでした。

IMG_20180208_223144.jpg

デリバティブ関係訴訟における適合性原則の問題。
大変難しい議論でしたが,頭の中をスッキリと整理することができました。
また,新たな示唆,視点を得ることができました。

現在,私が弁護団員として担当しているデリバティブ関係訴訟も佳境を迎えたので,今日得た知識をぜひ生かして勝訴につなげたいです。

投稿者 吉岡康博 | 2018年2月 8日 22:28 | コメント(0) | トラックバック(0)

ジャパンライフ問題 その2

大阪でもジャパンライフ被害対策弁護団が立ち上げられることになりました。
私も団員の1人として,少しでも被害回復に向けて頑張って行きたいと思います。

まだ正式決定ではないので確定的なことは言えないのですが,大阪では,来週(2月13日以降,具体的な日時は未定です。)に説明会を開催する方向で動いています。

正式な日時が決まりましたら,このブログでお知らせします。

投稿者 吉岡康博 | 2018年2月 7日 11:55 | コメント(0) | トラックバック(0)

紀州口熊野マラソンを走りました

2月4日,和歌山県の紀州口熊野マラソンを走って来ました。

リゾート地の白浜に近い上富田町というところで行われる大会で,熊野古道の歴史と自然を感じられるというのに魅力を感じて参加しました。

上富田町は,新大阪からツアーバスに乗って2時間半くらいのところにあります。
阪神高速,阪和自動車道と乗り継ぎます。
途中の紀ノ川休憩所で美しい朝焼けを見ることができました。

IMG_20180204_064005.jpg

肝心の大会はといえば・・・

「寒かった~。」

和歌山というと大阪から見ると何となく暖かいイメージがあるのですが,寒波の影響でしっかり寒かったです。
しかも河川敷は風がピューピュー吹いていて,心が折れそうになります。

前週勝田全国マラソンを走ったこともあり,今回は,3時間半くらいでゴールすることを考えていたのですが,あまりに寒いのでペースがあがってしまいました。
そのせいで,勝田全国マラソンの後に違和感があった脚のふくらはぎに少しずつ痛みが出てきてしまい(涙),怪我を悪化させるわけにもいかなかったので,後半はペースを落とし,最後の方は歩くのと同じような速度まで落として,何とか完走しました。

とにかく,寒くて厳しかったです。

当日の写真を何枚か。

received_2005052669755181.jpeg

口熊野まで応援に来たというラン友さんとスタート直前にバッタリ出会い,写真を撮ってもらいました。
このときは負傷前でまだ余裕あります(笑)。

IMG_20180204_140451.jpg

記録は3時間43分で総合418位。
終盤は100人以上に抜かれました。

完走の記念品は,スポーツタオルか梅シロップのどちらかを選ぶことができます。
私の家には,マラソン大会でもらったスポーツタオルがたんまりとあるので,迷わず梅シロップを選択しました。

IMG_20180204_203422.jpg

和歌山らしい素敵なお土産になりました。

IMG_20180204_161007.jpg

完走後は,ツアーバスに乗って白浜にあるとれとれ市場へ。
併設されたとれとれの湯で温泉に浸かった後,とれとれ市場で海鮮ものをお土産に買いました。
とれとれ市場に来たのは20年ぶりぐらいですが,以前と変わらず「とれとれとれとれ~」という音楽が流れていました。

新大阪に到着したのは午後8時。
楽しい小旅行でした。

投稿者 吉岡康博 | 2018年2月 6日 11:27 | コメント(0) | トラックバック(0)

ある証券会社の信念

「いちよし証券」という中堅の証券会社があるのですが,いちよし証券のウェブサイトに以下のような記載がありました。

『公募仕組債は取り扱いません。
一般的に公募仕組債はお客様に商品の内容、仕組み、リスク等をわかりやすく説明(通貨オプションを利用した仕組みやオプションの価格算定方式、また販売による手数料等は個人のお客様に説明しきれない商品)することかが難しい商品です。また、ある一定の水準を割り込まないと判断した上で購入した為替(株価)等の水準が、一定水準を割り込んだ場合も投資方針を変えずに持続するメリットが個人のお客様にはそぐわないと判断したからです。』

素晴らしい経営判断だと思います。

一般的に,公募仕組債は販売手数料が高額で,勧誘する証券会社のモチベーションの高い商品であると言われています。
しかし,これまでに幾度も投資家側が民事訴訟で主張してきたとおり,商品の仕組みやリスクを分かりやすく説明し,理解させる(特に個人の投資家に理解させる)のが難しい商品です。

しかも,損失が発生した場合の損失額が大きく,またその場合に仕組債を保有し続けるべきか,売却するかの判断も大変難しいです。
(私もそのような相談を受けて非常に困ることがあります。)

そのようなことから,いちよし証券では,公募仕組債を取り扱わないという社内基準を定めたとのことです。

顧客目線に立った経営方針,これこそが本来の証券会社のあるべき姿ではないかと思います。
いちよし証券はそれ以外にも「不適格債を取り扱わない。」「私募ファンドを取り扱わない。」「先物,オプションは勧誘しない。」などといった顧客目線の経営方針を立てています。

↓↓↓ いちよし証券のウェブサイトです。↓↓↓

https://www.ichiyoshi.co.jp/cust/02

投稿者 吉岡康博 | 2018年2月 2日 14:10 | コメント(0) | トラックバック(0)

ジャパンライフ問題 その1

健康器具等の預かりレンタル商法を行ってきたジャパンライフが平成29年12月26日に事実上倒産した問題で,その後,少しずつ営業の実態などが報道されるようになってきました。

昨日の関西テレビでは,奈良県在住の90代の夫婦が約3億8000万円をジャパンライフに支払ったとのこと。
先日大阪弁護士会で開催されたジャパンライフ110番では,私も電話相談を担当したのですが,数千万円から数億円の被害を受けた方も少なからずいらっしゃいました。

全国でジャパンライフ問題に取り組んでいる弁護士からも同様の話しを聞いています。

私が過去に弁護団員を務めた大和都市管財の事件は,被害金額が1110億円と言われていますが,今回のジャパンライフ事件はそれを大きく上回るのではないかと思います。

先物取引被害全国研究会がジャパンライフに対して破産を申し立てることが先日報道されました。
大阪でも弁護団を立ち上げるべく準備をしています。
詳細はまだお話しできる段階ではありませんが,私も弁護団員として活動する予定です。

ジャパンライフ問題について動きがありましたら,引き続きこのブログでご報告します。

投稿者 吉岡康博 | 2018年2月 1日 09:47 | コメント(0) | トラックバック(0)

勝田全国マラソンを走りました

1月28日,茨城県ひたちなか市で行われた勝田全国マラソンというフルマラソンの大会に参加しました。

大阪から見ると茨城県のマラソン大会というのはほとんど縁がないのですが,埼玉県在住の友人が毎年家族で参加しているということで,私も参加申込みしました。

勝田がどこにあるか知らないまま申込みし,直前にググってみてびっくり。
昔は茨城県勝田市というのがあったのが平成の大合併でひたちなか市になったとのこと。
ひたちなか市って・・・?
え゛っ,茨城県の東の端っこ・・・。

大阪の自宅から5時間近くかけてひたちなか市まで遠征しました。

IMG_20180127_161600.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

勝田全国マラソンは今年で66回目とのこと。

市民マラソンでこれだけの歴史を誇る大会はなかなかありません。
「地元の誇りのようなマラソン大会」という話しを聞いていたのですが,全くその通りで街中の人たちが沿道に集まったのではないかというほどたくさんの応援を受けながら走ることができました。
公設エイドはもちろん,バナナ,アメ,チョコなどを提供する私設エイドもいっぱい。
最後まで途切れることのない声援を受けながらゴールすることができました。

記録は2時間56分です。

IMG_20180128_161052.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

気合いでサブスリー達成しました!

関西の大会にはない雰囲気の大会で,貴重な経験をすることができました。

ゴール後は一緒に走った友人と記念撮影。

1517119210315.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

右側は坂本雄太さん。月刊ランナーズにも何度か取り上げられている有名人です。
左側はお兄さんの坂本隆介さん。やはり最近月刊ランナーズに取り上げられた実力者で,長野県から来られました。

2人の胸にはチーム名の「坂本兄弟」。仲良し兄弟ランナーです。

坂本さん,勝田全国マラソンでは本当にお世話になりました!
ちょっと遠くて,旅費もかかってしまったけれど,最高の週末を過ごすことができました。

投稿者 吉岡康博 | 2018年1月29日 12:28 | コメント(0) | トラックバック(0)

包丁を研いでみました

料理好きの家内が10年以上使っている包丁、よく見るとかなり刃こぼれができていることに気づきました。
急に非常に申し訳ない気持ちになりました・・・。

インターネットで調べると、シャプトンというメーカーが手頃な砥石を作っていたので早速購入。

IMG_20180106_174609.jpg

黄色が荒研ぎ用の砥石、ピンクが仕上げ用の目の細かい砥石です。

こちらが研ぐ前の砥石,よく見ると刃こぼれがひどいのが分かります。
LRM_EXPORT_20180107_180637.jpg

家内がお気に入りの包丁をシャカシャカと研いでみたところ、刃こぼれがほとんどなくなりました。
LRM_EXPORT_20180107_180732.jpg

すっかり切れ味も甦りました!
家内も「力を入れなくてもスッと切れる!」と言って、甦った包丁に大喜びです。

最初は研ぎ方がよく分からず戸惑いましたが、慣れたら研ぎの全行程が15分ぐらいでできそうです。
シャカシャカすると、研ぎ汁とともに、家内への感謝の気持ちも溢れ出てきます。

久々にいい買物をしました!

投稿者 吉岡康博 | 2018年1月 6日 12:56 | コメント(0) | トラックバック(0)

韓国語の通信教育

私が韓国語を勉強していることは,このブログで何度かお話ししてきましたが,今日は,私が受講している韓国語の通信講座のことを少しお話しします。

私が受講しているのは,大阪のミレ韓国語学院というところ。
https://mire-k.jp/

ミレ韓国語学院さんでは,通学できない人のための通信講座のプログラムが充実しています。
私は去年の2月からTOPIK対策講座(英語でいうとTOEIC対策講座のようなもの)を受講しています。

教材はこんな感じ。
20160216_200351.jpg

回答を記入して郵送すると,1週間ほどで添削されたものが返ってきます。

ネイティブの先生による容赦ない添削(笑)。
20160216_200553.jpg

ミレ韓国語学院さんの通信講座の特徴は,音読の添削もあることです。
与えられた課題の韓国語の文章を実際に声に出して読み,それを録音したデータを送ると,発音の悪いところなどを指摘したペーパーとともに先生が音声で解説したデータが返送されてきます。
20160216_200604.jpg

 独学だと発音などはいい加減になりがちですが,この方法だと,自分の癖や悪い部分を客観的にチェックすることができます。

素晴らしいメソッドだと思います。

通信教育は,中学,高校のときにやっていたことがあります。
中学のときは結構真面目にやっていたのですが,高校に入ってからは内容が難しくなったこともあり,提出できたりできなかったりであまり力を付けることができませんでした。

大人になってからの通信教育は,100%自分の意思で始めたことですし,身銭を切っていることもあって(笑),真剣です。その分,力も付きます。

4月にはTOPIKの試験があるので,この通信講座で実力を付けたことを証明できるよう頑張ります。

投稿者 吉岡康博 | 2016年2月16日 19:34 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

吉岡康博写真

吉岡 康博(よしおか やすひろ)
大阪弁護士会所属

なにわ総合法律事務所
〒541-0053
大阪市中央区本町1-5-6 山甚ビル4階
TEL:06-4705-0325
FAX:06-4705-0328

テーマ
最近の記事

Powered by Benzo