吉岡さんの弁護士日記

なにわ総合法律事務所の弁護士 吉岡 康博がつづる弁護士日記

秋田弁護士殺害国賠訴訟で逆転勝訴

2010年11月4日未明,私の大先輩の弁護士である津谷裕貴先生が自宅で暴漢に襲われ殺害されるという痛ましく悲しい事件がありました。
この事件は,不審者が拳銃と剪定ばさみを持って津谷先生宅に侵入し,これに気付いた津谷先生の奥さまによる110番通報で駆けつけた警官2名が津谷先生を犯人と思い込んで押さえ込み,津谷先生を安全に避難させることをしないまま犯人が剪定ばさみで津谷先生の左胸を刺したというものです。

駆けつけた警官は警棒や耐刃防護衣を着用せず,どちらが津谷先生でどちらが侵入者かを津谷先生にも奥さまにも確認せず津谷先生を押さえつけた点や津谷先生夫婦を安全に避難させなかった点が問題であるとして,遺族が秋田県等に対して損害賠償請求訴訟を提起していました。

第1審である秋田地方裁判所は,駆けつけた警官に過失はないとして原告の秋田県に対する請求を棄却しました。
判決は「秋田県では凶悪事件の発生が少なく、突発的な事案に対応できるだけの訓練や意識の涵養(かんよう)が十分でなく対応できなかったと考えるのが相当」などと述べていましたが,これでは地方都市の警官が市民を守る義務が軽くなってしまいます。

これに対して控訴審では,警棒や耐刃防護衣を着用しないまま現場に臨み,誰が不審者かを確認しないまま津谷先生を取り押さえた点や,犯人が一旦応接室に行き剪定ばさみを取りに行った間に津谷先生夫婦をパトカー等に避難させることができた点などを指摘して,駆けつけた2名の警官の過失を認定しました。

控訴審で逆転勝訴できたことで私も安堵しましたが,犯人が応接室に行った間に津谷先生を避難させることができたはずだと思うと,今でも悔しくてたまりません。

投稿者 吉岡康博 | 2019年2月14日 11:44

プロフィール

吉岡康博写真

吉岡 康博(よしおか やすひろ)
大阪弁護士会所属

なにわ総合法律事務所
〒541-0053
大阪市中央区本町1-5-6 山甚ビル4階
TEL:06-4705-0325
FAX:06-4705-0328

テーマ
最近の記事

Powered by Benzo